刑事事件・相談まとめ身の回りで起きた刑事事件や相談をご紹介します。

逮捕されたときに出来る事、するべき事。逮捕から72時間は弁護士以外は接見できません

家族が突然、逮捕されて混乱していることでしょう。「いますぐに会いたい」という気持ちは分かります。逮捕されると警察の留置所から48時間以内に送検しなければいけません、さらに24時間以内に身柄拘束手続きを取らなければいけません。この合わせて最大72時間は原則として弁護士以外の面会はできません。

留置所に拘留されている場合は家族のほか友人や知人の面会も可能です。面会は通常、1回に15分から20分と細かく時間が決められています。人数は3名までと決められている警察署が多いので事前に確認しましょう。また被疑者と面会できるのは1日に1回と決まっています。もし当日に他の人が先に面会している場合は面会できません、出来るだけ朝早い時間に面会に訪れることをお勧めします。

もし被疑者が否認している場合は接見禁止処分となる場合があります。この場合は例え家族であっても弁護士以外は接見や手紙のやりとりが出来ません。接見禁止は遅くとも起訴までには解ける場合が大半です。接見禁止が出ている場合は弁護士に任せましょう、メッセージを託すことも可能です。接見禁止を解くために「準抗告・抗告」などの方法もありますが、器物損壊罪の場合はそれよりもとにかく早く被害者側と示談を成立させることをお勧めします。

「器物損壊罪」の場合は被害弁済で示談に持ち込むことが出来れば、大半が不起訴(起訴猶予)か略式起訴の罰金刑になります。ですから出来るだけ早く示談交渉をしてください。器物破損であれば被害額もそれほど高額にならないと思います。示談さえ成立してしまえば、このケースではこれ以上の身柄を拘束している理由がなくなりますから、不起訴(起訴猶予)もしくは略式起訴の罰金刑で釈放の流れとなります。器物損壊罪でしたら起訴されたとしても公判請求されることは稀です。

DATE:2017/9/14

コラム一覧へ